RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
フィルムを楽しむ!
京都は朝から雨です雨朝起きたら普段はそこまで濡れないはずの縁側がびちゃびちゃになっていました…。どうも大雨で雨どいがオーバーフローしたっぽいです。夜中に相当降ったみたいですね。

先日、欲しかった本をようやくゲットしました。



玄光社から発売されている『フィルムカメラの撮り方BOOK』です。フィルムカメラ初心者の人にもわかりやすい撮影方法やプリントを楽しむためのアドバイスなど、とにかく盛りだくさんの内容!フィルムが好き、フィルムが気になる人にはぜひ読んでもらいたい1冊です。
この本を作ったのは、フリーランスエディターの鈴木文彦さん。チラッと名前を聞いたことのある方もいるのではないでしょうか?現在はこういった書籍や写真雑誌の記事を主に作っておられますが、人気カメラ雑誌「snap!」の編集長でもあります。とにかくフィルムを愛して止まない、そして髭とメガネがダンディーないろんな面で素敵な方です。笑

数年前からフィルムカメラに関する本を出してきた鈴木さんですが、フィルム需要が減りつつある今、こういった本を作り続けてくれているというのは1人のフィルムファンとして本当にありがたいなと思っています。私もsnap!のイベントで鈴木さんと知り合ってからフィルムの魅力にとことんハマり、今ではすっかりフィルム好きになってしまいました。また彼は、Photolabo hibiを作るきっかけの元となる写真の楽しさを教えてくれた1人でもあります。大げさかもしれませんが、彼に出会っていなかったら写真の楽しさを知らないままで、こんな風に写真屋を作ろうなんて考えもなかったかもしれません(笑)

前書きの文章で印象に残ったのは、「全盛期よりもフィルム種は減りましたが、売れるものはなくなりません。躊躇するよりもすぐに始めて、できるだけ長く楽しむというのが正解ではないでしょうか。」という言葉。本当にシンプルです。迷って後悔するよりもいいなと思ったらとにかく始めること、それが一番大切だと思います。この本をきっかけにフィルムを思い切って楽しむ人が増えてくれるといいなと、ファンとしてひそかに願っていますびっくりマーク

主に東京を中心に活動されている鈴木さんですが、この先京都で一緒にイベントがしたいなと思って現在模索しているところです!まだ計画段階のためいつになるかはわかりませんが、いつか必ず!ねこ


【 カメラ 参加者募集中! 】
京都で食べれるおいしいものの写真を展示してみませんか?おススメのごはんやスイーツ、ラーメン、コーヒーなどなど写真で情報交換しちゃいましょう!Photolabo hibiの初企画展「京toおいしいもん」、詳しくはこちら

 
author:hibi-labo, category:hibiの日々, 16:48
comments(0), -, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 16:48
-, -, -
Comment